女の人

ふるさと納税で家電を手に入れる方法|地域を応援する税金

これまでとこれから

田舎

食べるものから旅行まで、様々な商品が用意されていて話題を集めているふるさと納税ですが、今後はさらにその種類が増えていくと考えられています。前向きな気持ちで納税でき、地域に貢献できるものとなっているのです。

Read More

どのような制度なのか

財布とお金

税金を納めることは国民の義務として課されていますが、ふるさと納税は自分で対象となる自治体を選ぶことができます。納めた額に従って様々な名産品や体験などを得ることができる、新しい納税の形なのです。

Read More

手続きしよう

ウーマン

納税という言葉から、手続きが難しいと思われがちな「ふるさと納税」は、手順に沿って手続きを行えば、容易に制度を活用することが可能です。気になる人は手順について確認しましょう。

Read More

注意しておきたいこと

家電

確定申告は自分で忘れずに

実質負担2000円で高級松阪牛がゲットできる、などの謳い文句で一気に広まった「ふるさと納税」。サラリーマンの節税としても人気です。しかし注意点もいくつかあります。 まず節税には確定申告が必要になります(2015年1月から不要になりますが、去年の所得に関してはまだ必要です)。受領証明書は大事に保存しておきましょう。税務署などから通知してくれる訳ではありませんので、確定申告は忘れずにしましょう。 また寄付の回数について上限はありませんが、特産品は年1回のみとしている自治体が多いです。また期限も1月〜12月としている所と、4月〜翌年3月としている所とまちまちです。 これらの確認や手続きをきちんとして、お得に特産品を手に入れましょう。

最近はグルメ以外にも

大人気のふるさと納税。最近ではふるさと納税特産品ポータルサイトまであるほどです。そこで人気の特産品を確実に手に入れる方法を紹介します。 まず人気のある特産品は品切れになりやすいです。ふるさと納税は年末に集中しやすいという傾向があるため、狙いたい特産品がある場合は早めに申し込みましょう。 また欲しい特産品が生鮮食品である場合ですが、ふるさと納税の特産品は送付日時の指定ができません。そのため申し込むときは、家族で食べきれるかと冷蔵庫のスペースの確保を忘れずにしておきましょう。 最近では特産品以外にも体験や宿泊など、お礼の品に趣向を凝らしたものが増えています。グルメだけでなく、家電や旅行などでも利用価値がありますね。特に、新生活を迎えるときの家電は嬉しいものです。これからどんなお礼の品が出てくるのか楽しみです。